マイカーローンの歴史

マイカーローンの歴史

マイカーローンとは場所によってはオートローン・自動車ローンとも呼ばれている、各銀行・信用金庫・JAバンク・労働金庫などの預金金融機関や信販会社や自動車会社系ファイナンス会社が取り扱っている、個人を対象にした自動車購入資金を融資する商品のことです。

 

これによって新車及び中古車を一括払いで購入することは困難だという人でも、月々に一定のお金を支払っていくという条件で車の購入が可能になるのがマイカーローンなのです。

 

始まりは1920年代のアメリカで、ゼネラルモータズやクライスラーが低所得者でも自動車が購入できるようにと、マイカーローンが導入されたのが始まりとされています。

 

以来、日本においても大衆向けに発売した自動車でも高いとなかなか売れないことが問題になっていたところに、1960年代に現在の日産自動車であるプリンス自動車がマイカーローンを提供したことから、マイカーローンの仕組みは日本でも広まっていきました。

 

現在では新車だけではなく中古車向けマイカーローンの取扱いある上に、信販会社などからもマイカーローン市場に参入するようになったことから、多くの金融機関が個人向けのマイカーローンを提供していて、多くの方がマイカーローンを利用するようになったのです。

 

借り換えにも使えるなどマイカーローンはどんどんと便利になっていますので、様々な用途に使える借り換えでも申し込めるマイカーローンを考えてみましょう。